お客様の声

「デコスドライ工法の家に住んで」

東京都 鈴木様 鹿児島県 芦谷原様 福岡県 田中・栗田様
愛知県 上田様 江戸川区 江藤様 宮崎市 山内様
千葉県 高橋様 福岡県 田尻様 さいたま市 中川様
北九州市 岩永様 福岡市 松尾様 福島県 日下部様
横浜市 田島様 愛媛県 薮田様 建築家の声
工務店の声    
     

東京都 鈴木様

 システムバス、キッチン、カーテン、は主婦の夢です。新タイプのものが欲しかったのですが、工務店の社長さんに、「バス・キッチンは車と同じで5年もすれは古い物になる、その費用を断熱に使った方が得ですよ」と説得されました。3年たった今、工務店の社長さんには感謝しています。 断熱にお金をかけたおかげで、こんなに違う光熱費。
風呂IMG キッチンIMG

 


鹿児島県 芦谷原様

 私の住んでいる所が、霧島連山の麓で夏暑く、冬寒い(鹿児島の北海道)地域です。
デコスのお陰で夏場でのクーラーは使わず、冬のストーブは朝夕1時間程度の使用で快適に過ごしています。
また、空港の近くで飛行機の通り道になっていますが、騒音も余り気になりません。
家族も満足、快適に生活しています。

 


福岡市 田中・栗田様

 自然素材の家づくりにこだわり断熱材も自然素材にしました。 断熱効果と調湿性には驚いています。
田中様IMG

 


愛知県 上田様

 快適だと感じたのは梅雨時、一日中雨が降り続く日です。ジメジメ床もべたべたしない。夏クーラーはつけなかったが今年のようなとても暑い夏も扇風機を回していたら、まずまず過ごせました。

 


江戸川区 江藤様

 狭い土地で三階建の住居をを新築しました。  火に敏感な環境の為、防火建材を重視しました。「断熱材は火に強い、ガスの発生の無いものを」と工務店さんに相談、発泡プラスチック系の断熱材は火に弱くガスを発生するので、何がいいのか・・・。そんなときにデコスを知り、新聞をリサイクルした断熱材でしかも燃えない!!ビックリしました。価格は少し高い感じでしたが、住んでみて満足しています。

岡山市 前田様

 以前の家(鉄骨プレハブ)は15年住みました。暑い、寒い、結露する。今の家とは全く違います。 冬、子供達はパンツ一枚で走り回っています。しっかり断熱してあることに満足。

 



宮崎市 山内様

 昨年家を新築建て替え、一年が経過しました。今回の家は特に冬場と夏場に違いが出てくるようです。冬も室内は暖かく暖房器具はコタツだけ結露はしなかった。夏外出から帰宅してもムッとせず、エアコンの冷え方が早い。四季快適であります。 断熱材の効果の違いと私は思っています。

千葉県 高橋様

 断熱は何がいいのか迷いました。 冷蔵・冷凍関係の会社に勤務しているので発泡プラスチック系の断熱材は保温性があることをよく知っていました。冷えたものを保温するには良いのですが、温かいものを保温するには少し抵抗がありました。それは住宅の中は湿気があり、気密性のある発泡プラスチック系の断熱材で閉じ込めた家のイメージに違和感を感じました。工務店さんに薦められてデコスドライ工法のパンフレットを見て、女房ともすぐにデコスに決めました。結果として調湿性に大変満足しています。

 


福岡県 田尻様

 

1.防音について
 いつ誰が楽器の練習を始めたり大声で歌ったりするか分からない我が家は、いつも窓を閉めて生活しています。時々窓を開けると、表通りのバスの音や近所の子供達の遊ぶ音などが聞こえてきて、外もこんなに賑やかなものかと驚くことがあります。お客様は大抵、「この辺は静かな住宅街なんですね」とおっしゃいますが、1か所2〜3cmほど窓を開けると外の雑音が聞こえ、びっくりされるようです。そして、防音がしっかりしていますね、と感心されます。
2.断熱について
 真冬でもほぼTシャツ1枚で過ごすので、そのままうっかり外に出た時、外気の冷たさに驚くことがよくあります。また、最も寒い時期でも、夜休むときと朝の室温差が2度だけなので、布団から出たくないということもなくなりました。

さいたま市の中川様

 発泡プラスチック系の外断熱をすすめられました。女房の実家が弁当屋さんでこんな話をしてくれました。弁当に木とプラスチックがあって、木の弁当は適度の水蒸気を吸ってくれるからご飯がおいしい。コンビニのご飯の低がベターとしている。
 インターネットでデコスのホームページをみてデコスの断熱材は木の弁当のイメージで安心しました。あと2ヶ月で新居に入ります。

 

 


北九州市 岩永様

 家に帰って「むー」としないのがうれしいです。 今年の夏はエアコンなしで過ごせました。

岩永様img
平成12年竣工 岩永邸 平成13年7月訪問

 


福岡市 松尾様

なぜデコスドライ工法にしたか

防音性能が良いことと暖かで涼しい家に住みたいと思っていました。いい加減な断熱施工は家の寿命を縮めると聞きましたので、断熱の専門家に施工してほしいと思い、デコスドライ工法を選びました。
・ 夏場
 1階と2階、2階とロフトの温度差は1℃から2℃程度でした。
   西日がまともに当たるので、その時間だけはさすがに暑さを感じましたが、よしずを立てたら効果は絶大でした。力任せのクーラーにたよるだけでなく、先人の知恵のすごさを実感しました。
・音
 趣味のギターを弾く時は、いつも近所に気兼ねをしていましたが、今はまったく気にせず楽しんでます。友達達もその効果に驚いて、羨ましがってます。
・ その他
 難しい理屈が多く、人工素材だらけでなんとなく気が進まない工法が多いように思いますが、新聞紙のような紙で断熱することや、壁や木に呼吸させることなど、すごく素直に受け入れられる工法だと思います。

 


福島県 日下部様

自宅はデコスの断熱で3年住み満足しています。

今回のケアハウスを建てることになり皆さんの為、

デコスを採用しました。

日下部様img
施工中の日下部邸

 


 


横浜市の田島様

 環境にやさしいエコ系の団体に属している私どもは、この度の新築に伴い断熱にはどのようなものがあるのかを検索し、そこでセルロースファイバーの存在を知りました。デコスは20年無結露保証があることを聞き、デコスに決めました。  発泡プラスチック系の外断熱は解体時に分別回収の必要があり、その費用100万近くを私ともが負担することになりそうだし、自然素材でなく化学素材に抵抗がありました。



愛媛県 薮田様

 デコスの断熱工事はどんなふうにするのか?興味がありお茶の時間にデコスの職人さんにあれこれ尋ねました。その職人さんが「断熱工事は料理と同じです。新鮮な肉や魚・野菜も料理方法によって、旨くもまずくもなります」と自信をもって説明されたこの言葉が印象的で安心しました。

 

 



建築家の声として

辰巳琢郎のリフォーム夢家族

「私は自然素材にこだわりを持っています。木造住宅の断熱は呼吸するデコス以外は考えられません。」プラスチック系の断熱材ってどう考えても不自然な化学製品、自然の家になりません。

辰巳琢郎img

辰巳琢郎         アミ環境デザイン 代表 網田一久

工務店の声として (世田谷区 S社)

今流行の外断熱を採用してみて、お客様より

外断熱の壁は音が反響し、うるさいとの不評がありました。

工務店の声img

そこでデコスに切り替えました